モエギハコガメたちの日々の様子を綴った萌黄園長の備忘録です。           2005年に飼育を始めて2010年に萌黄園オープン。萌黄幼稚園の開園が夢です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロハラモエギハコガメの交尾行動のパターン

クロハラモエギハコガメの交尾までの行動です。

① 追いかけて甲羅を背後から両前肢で抱え込もうとします。
mating1.jpg
(写真:002♂×026♀)

② メスが箱になったら、ブーブー鼻を鳴らして、甲羅をかいたり回したりして、頭を出さそうとします。
mating2.jpg
(写真:012♂×003♀)

③ ブーブー鼻を鳴らして、背後からメスの顔を覗き込んだりして、交尾の許容を促そうとします。
mating3.jpg
(写真:002♂×003♀)

④ メスが許容するとメスは前後肢を全部出して頭や尾を上げて、体を反らしたような姿勢を取ってとどまります。
mating4.jpg
(写真:002♂×003♀)

⑤ 尾をピンと上げるのがきっと交尾の完全許容のサインです。003も005も同じ姿勢で受け入れます。
mating5.jpg
(写真:002♂×003♀)

⑥ オスはこのメスの尾のサインを後肢で確認します。オスはきっとこれで許容を確認しています。いつもそう。
mating6.jpg
(写真:002♂×003♀)

⑦ オスはメスの尾に後肢をかけるようにしてたぐり寄せて挿入、交尾成功。
mating7.jpg
(写真:002♂×003♀)

⑧ 5分くらいすると、メスが落ち着きなくなり、逃げようとして、少しオスは挿入したまま引きづられたりして、そのうち交尾終了です。

これが一般的なパターンかはわかりませんが、♂002、♂007、♂012はだいたいこんな行動を取ります。ただ、鼻音が大きいのは♂002だけで、ほかは空気が抜けるような音が少し聞こえる程度です。そして挿入まで成功しているのも♂002だけです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。