FC2ブログ

モエギハコガメたちの日々の様子を綴った萌黄園長の備忘録です。           2005年に飼育を始めて2010年に萌黄園オープン。萌黄幼稚園の開園が夢です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CITES CoP16 附属書改正案の会議録リリース

現在,タイのバンコクで第16回ワシントン条約締約国会議(CoP16,2013年3月3日~14日)が開催されていますが,この中で,モエギハコガメを含む多くのカメの国際取引(附属書改正)についての議題が検討されています。

2013年3月8日の委員会で,モエギハコガメの扱いについて決定され,3月9日午後に会議録がリリースされました。


Summary record of the ninth session of Committee I を読む限りでは…読み間違えてなければ…

中国&アメリカから出されていた改正案が採択され,下記の附属書Ⅱのカメの野生標本の輸出割当量をゼロとする

     ・Batagur borneoensis カラグールガメ
     ・Batagur trivittata ビルマオオセダカガメ
     ・Cuora aurocapitata コガネハコガメ
     ・Cuora flavomarginata セマルハコガメ
     ・Cuora galbinifrons モエギハコガメ ★
     ・Cuora mccordi マコードハコガメ
     ・Cuora mouhotii ヒラセガメ
     ・Cuora pani シェンシーハコガメ
     ・Cuora trifasciata ミスジハコガメ
     ・Cuora yunnanensis ユンナンハコガメ
     ・Cuora zhoui クロハラハコガメ
     ・Heosemys annandalii ヒジリガメ
     ・Heosemys depressa ヒラタヤマガメ
     ・Mauremys annamensis アンナンガメ
     ・Orlitia borneensis ボルネオカワガメ

しかし,ベトナムから出されていた「モエギハコガメとアンナンガメを附属書Ⅱから附属書Ⅰへ移行する」という改正案はリジェクト


これで,モエギハコガメの輸出が完全にストップされることになり,日本に輸入されるモエギハコガメもゼロになるはずですが,これはどれほどの効力があるのかなんとも疑わしい限りです。多少の抑止力にはなるのでしょうが…。


【モエギハコガメの2000~2010年の輸出入の状況】
citestrade2.jpg
 (CITES Trade Database より)


モエギハコガメを輸入しているのはアメリカとヨーロッパがほとんどのようですね。モエギ生息国である中国もベトナムもカンボジアもラオスも皆CITESの締約国なのですが…これまでの日本への輸入状況を見る限り,香港から2002年の14匹と2003年の110匹しか入ってきていないことになっています。モエギハコガメは,2000年7月19日以降,附属書Ⅱに掲載され,現在もこの附属書Ⅱの種なので,このリストに記録が残ると思うのですが…。そんなに少ないか?? 調べ方がおかしいのか?? う~ん,どういうことやら…あれか??(最近の輸入は正規だと聞いていますが,まだ最近のことなので,このデータベースには反映されていません。)

今回もし附属書Ⅰに昇格していたなら,国内法である「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)にも自動的にリストアップされ,「国際希少野生動植物種登録票」が付いていないものの「販売・頒布目的の陳列と,譲渡し等」は違法になるため,事実上流通はほぼ停止していたことでしょう。でも,それはなくなりました。

今回の結果を受けて,輸入量はゼロ,しかし附属書Ⅱのままでは良くも悪くも国内流通に規制がかからないため,国内にすでにいる個体が多少移動する程度で,ちょっと入手はしにくくなるものの(今のお祭り騒動が収まれば),以前と同じような状況に戻るということでしょうかね(上記①のその他のカメも益々入手難になるということですね)。モエギハコガメは(萌黄園長や同志はトリコですが)本来はここまでクローズアップされて人気が高まるようなカメではないはずです。

野生で減少しているのは事実でしょうから,次の会議(2016年,CoP17)以降でもベトナムからの再提案があるのではないでしょうか。その時までには,今回たくさん輸入されてしまったモエギハコガメたちを皆で大事に育て上げ,繁殖させて(きちんと登録して),国内CB個体が出回る状況になっていることを願ってやみません。


スポンサーサイト
コメント
No title
こんばんは、みどです。

モエギ、サイテス1は免れたようで一安心です。
今回のモエギバブルは爬虫類業界において
いろいろ考えさせられることが多くありましたが、
個人的にはモエギ=クロハラしか知らなかった自分に
カンボジアという新たな出会いがありましたので
良かったのかな、と思っています。


で、その食べないカンボジアですが、
昨日ピンクマウスに反応し、頭・手足をだしたのはよかったものの
ピンクそのものが嫌だったのかそのまま向きを変えて
背を向けてしまいました。

残念な結果でしたが、
これまで見ている前では頭しか出さなかったのが
歩くとこまで見れたのでちょっとは前進したのかもしれません。

ピンクはちょっとお休みして
こんどはバナナメインで挑戦してみます。

ちなみに、体重は温浴の効果?か
255g→260gと増加していました。
2013/03/11(月) 21:41 | URL | みど #-[ 編集]
No title
みどさん,こんばんは。
最初は,バナナのほうがどちらかといえばよいような印象を持っています。ピンクマウスは,噛みついたとしても,歯ごたえが気持ち悪いのか,一度噛んだだけで嫌がるそぶりを見せることがあります(まれにマウスのほうがよいのもいますが)。バナナの,それも新鮮な硬目の状態のもののほうが押し付けやすくてよいように思っています。バナナがちょっと緩んできてどろっとなってきたものだと,押し付けにくいうえ,口の中や周りがぐちゃぐちゃして嫌なのか,避ける個体もありました(最初は,の話です)。他にもっと良い方法やよい餌があるのかわかりませんが,今のところ萌黄園では最初は「バナナ」と「根気」でやっています。
2013/03/12(火) 03:28 | URL | もえぎえん #SkCbv8Dc[ 編集]
No title
こんばんは、みどです。

バナナ、硬めのほうがいいんですね。
いつも暖かいところに置いてコツコツと熟成させていました。

鼻先に押し付けようとするとゆっくりと
頭を引っ込めてしまうのでなかなかうまくいきませんが、
根気よく続けていこうと思います。
2013/03/13(水) 20:36 | URL | みど #-[ 編集]
No title
みどさん,こんばんは。
萌黄園のほかの古参モエギたちもみんな,バナナは新鮮な(皮にも黒いのが出てきていないような)ほうが好きです。柔らかいのも食べなくはないですが,新鮮な硬めのほうがよさそうです。
2013/03/14(木) 02:51 | URL | もえぎえん #SkCbv8Dc[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。