モエギハコガメたちの日々の様子を綴った萌黄園長の備忘録です。           2005年に飼育を始めて2010年に萌黄園オープン。萌黄幼稚園の開園が夢です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床材。

モエギハコガメの床材は何がよいでしょうかね。
コメントをいただいたので,ちょっと書いてみます。

よくわからないですが…
萌黄園では昔から土です。園芸用の15リットル300円くらいの土をホームセンターで買ってきて敷いています。なるべく乾燥しないように注意しながら,散水したりしています。当初から繁殖させたかったので,土でした。あとそれと,掃除のしやすさです。

P1020496-400.jpg

水を浅く張って(+人工芝の陸で)飼うことも一時的に試みたことがありましたが,水替えを考えるとケージが小さいものになってしまうし(衣装ケースくらいまででしょうか。それでも数があれば,掃除も大変だ…),水飼いだと餌皿をどこにでも置けないのでやめました。最初の頃は餌皿の種類や置く場所にまでこだわって食べないやつがいるので。ちなみに,土飼いで水場を設けておいてもほとんど入らないし,霧吹きしても嫌がるので,基本的にはあまり水は好きではないのかもしれませんね(かけた後は動き出しますが)。そもそも本来は,水場にずっといるようなカメではないでしょうし。水場には,夏の暑いときか,排便のときくらいしか入っていないように思います。でも,萌黄たちが慣れていれば,どんなでも飼育できます。(最初の状態のよくないときは,脱水防止を考えると,水飼いのほうがまだ安心なのかな。でも,落ち着かないような。)

最近はミズゴケを湿らして土の上に撒いています。
土の上にミズゴケを敷いたのはごく最近ですが,たまたまあったのを捨てるのもなんだったので,撒いてみました。そして,エアコンで乾燥が激しいので,少しでも湿度を保てればという思いでした。もぐったり,陰に隠れたりしているので,あったほうが落ち着くのかもしれません(萌黄園のケージ内にはシェルターをいれてません。プラ舟が浅くて登って脱走するから)。湿度を保つのは大事です。しかし,土や,さらにミズゴケには大きな欠点があります。どうしてもダニが出てきます。そして糞尿が完全には除けないのでどうしても不衛生になってしまいます。特にミズゴケはある程度のところで廃棄したほうがよいです(もちちん土の交換も)。ミズゴケがあると,糞をしていても分かりづらく,そのままになってしまいます。

なんだか当たり前の話を書いているだけですみません。要は,水飼いも土飼いも一長一短ありますが,どっちかといえば,土買いが良いと思います。みなさん,どうです??

(あくまで個人的見解です。科学的根拠もなければ,野生状態を見たこともありませんので…)

スポンサーサイト
コメント
No title
モエギ数入れると汚し方がものすごいから定期交換は必要だよね。うちは今ヤシガラで最低月いちは全交換。換えないとにおいがすごくてね…。
産卵は落ち葉の下なんかにポロリするから潜れる場所いりそうだね。
2013/03/07(木) 21:04 | URL | ハピタ #-[ 編集]
No title
土飼いの詳しいご説明ありがとうございます。
早速土飼いに切り替えました。

といっても園芸用の土が家になかったので
小型のバークチップと100円ショップで売っている水で戻す床材(名前知らない。。。)
を混ぜてその上にミズゴケを部分的に敷きました。

あとは脱水状態にならないように毎日水分補給し、
2大モエギ王道餌のバナナとピンクマウスを根気よく
与え続けてみます。

で、いつかは掃除が大変と、嬉しい悲鳴をあげれるように
なれればと思います。
2013/03/07(木) 23:38 | URL | みど #-[ 編集]
No title
ハピタさん,みどさん
こんにちは。慣れてきたら落ち葉とか入れたいですね。
でも,最初のうちは,落ち葉だとガシャガシャ音がするので,いやがるかもしれませんね。慣れてきたら落ち葉も試してみようかな。
2013/03/08(金) 02:26 | URL | もえぎえん #SkCbv8Dc[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。