モエギハコガメたちの日々の様子を綴った萌黄園長の備忘録です。           2005年に飼育を始めて2010年に萌黄園オープン。萌黄幼稚園の開園が夢です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな交尾♂

今日、別のペアで初めて交尾に成功した!
今まで♂は002しか交尾していなかったが、今日は♂007(相手♀046)と♂012(相手♀003)が初めて交尾した。これで交尾♂は3頭になった。来年の産卵が楽しみ~。

007-013mating.jpg
(写真は♂007×♀013。この組み合わせは交尾失敗。)

実は今日まで約1ヶ月間、散水や水換えをやめて、ここのところの冬型で室内の湿度は60%をきっていた(それまでは70%くらい)。温度はエアコン設定を23℃に下げていた。餌もやめて完全に絶食させていた。そして今日水をまいてから同居させたら交尾した。何かの刺激になったのだろうか。
そのあと、今日は、鳥ササミ肉+マルベリーCa、バナナ、プチトマト、ゆで卵(ウズラ)をたくさんあげてみた。爆食。ゆで卵は知人の勧めで、今日初めてだったが、かなり好きみたい。

スポンサーサイト

ヒラタヘビクビガメ国内CB

今日はこれを一目見たくて神戸へ。
そう、ヒラタヘビクビガメ(プラテミス)の国内繁殖個体
写真撮らせていただき有難うございました。
2010/3/26生まれと2010/7/5生まれなんだそうです。
2008年の国内初繁殖成功例が雑誌にも紹介されてましたね。

P1190849-400.jpg
P1190848-400.jpg

萌黄園には、モエギハコガメ以外にヒラタヘビクビガメがいます。
これを目標に、ヒラタとモエギをなんとか繁殖させるぞ!

脱走。

片手では押さえられないほどパワフルなやつがいる。
♂は持ち上げても裏返しても箱にならないのが多い。
たまに知らぬ間に脱走して、となりの♀のところや部屋の中へ。
これは餌に気がついたところ。012♂。

breakout1.jpg
breakout2.jpg

ごはん③

基本的には、全頭個別飼育ですが、たまに同居飼育ができる組み合わせがある。がっつき度が同じくらいの個体は一緒に同居できる。…が、いずれ弱いものが出てきますね。餌にありつけなくなって、引きこもりがちに。
そうなるとその個体は隔離して単独飼育に戻します。
特に餌を放り込んだときは様子を見ながら、互角に戦えるかどうかをみながら。今のところ、この4匹は互角です。♀022、♀031、♀035、♂030。この♂はまだ若くて、♀よりも餌! そんなうちは一緒でも大丈夫みたいです。

feed101003-1.jpg
feed101003-2.jpg
feed101003-3.jpg

あくび

久々の更新。
大あくび。030♂です。

030akubi.jpg

クロハラモエギハコガメ029♂

クロハラモエギハコガメ029です。

029face.jpg
029shell.jpg

 名 前: 029
 性 別: オス
 甲 長: 約18センチ(2010/10/3測定)
 体 重: 840.0グラム(2010/10/3測定)
 色  : 茶黒系
 来 家: 2009/8/15
 繁殖歴: 交尾経験なし。若いせいか下手。

クロハラモエギハコガメ012♂

クロハラモエギハコガメ012です。

012face.jpg
012shell.jpg

 名 前: 012(赤Ⅱ)
 性 別: オス
 甲 長: 約19センチ(2010/10/3測定)
 体 重: 981.5グラム(2010/10/3測定)
 色  : 黒+オレンジ
 来 家: 2008/8/31
 繁殖歴: 交尾経験なし(マウントまで)

 002♂とよく似てる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。