モエギハコガメたちの日々の様子を綴った萌黄園長の備忘録です。           2005年に飼育を始めて2010年に萌黄園オープン。萌黄幼稚園の開園が夢です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年の卵のサイズ

今年の産卵ピークは終わった模様。
008♀が産みそうなの予感もするが…。

産卵日      産卵個体      長短径 mm・重量 g
2010年6月 2日  ♀013(オレンジ) 未測定・未測定
2010年6月?日  ♀013(オレンジ) 60.3×28.8・未測定
2010年7月10日 ♀005(黒)    59.7×29.3・29.5
2010年8月12日 ♀023       53.9×30.0・27.0
2010年8月12日 ♀003(緑)    62.4×30.8・32.5
2010年8月12日 ♀031 or 035    53.7×28.1・26.5
2010年8月12日 ♀031 or 035    55.5×27.6・25.5
2010年8月14日 ♀023       54.0×29.9・25.0

産卵シーズン 6~8月
1年に1~2クラッチ(1クラッチ1~2個)
非常に繁殖効率の悪い動物に思えるが、野生ではどうなんだろうか。
スポンサーサイト

クロハラモエギハコガメ013♀

クロハラモエギハコガメ013です。

013face.jpg
013shell.jpg

 名 前: 013(オレンジ)
 性 別: メス
 甲 長: 約19.5センチ(2010/8/19測定)
 体 重: 992.5グラム(2010/8/19測定)
 背甲色: オレンジ
 来 家: 2008/8/31
 交尾歴: 2010/11/13(♂007)
 産卵歴: 2009/6/10 1卵(未発生)、
      2010/6/2 1卵(未発生)、
      2010/6/? 1卵(未発生)、
      2011/7/1 1卵(発生、途中で停止)
      2011/8/31 2卵(干からびた卵発見)
      2012/6/18 1卵(未発生)

温度・湿度・照明時間

この時期(夏)の温度と湿度はこんなもの。
室内でプラ舟で飼育してますが、場所(段)によって多少温度・湿度が異なるようです。

temperature2.jpg
temperature1.jpg

そして、照明条件は、9時点灯-19時消灯(10時間照明)。
10時間という時間はなんとなくですが、秋から春先までは1時間ほど短くしてます。

light.jpg

写真は、2010年8月21日の夜。

ごはん②

ごはんだー!
ひきこもり系の個体のごはんは、じっと餌をみつめてゆっくり動き始めます。

ピンクマウス発見!
feed2-1.jpg
feed2-2.jpg
feed2-3.jpg
feed2-4.jpg
feed2-5.jpg
完食。
1回に5~10匹くらい(あげればもっと食べるけど)。

写真は、♀008(ひきこもり系個体)、2010年8月21日撮影。

2010年の産卵状況

今年はもうこれでシーズン終わりかな…
ちなみに、1年で一番最後の産卵は今のところ8月22日(2006年、♀003)。今年は続きがまだあるのかな。

023egg100814.jpg

産卵日      産卵個体     産卵数
2010年6月 2日  ♀013(オレンジ) 1卵
2010年6月?日  ♀013(オレンジ) 1卵
2010年7月10日  ♀005(黒)    1卵
2010年8月12日  ♀023       1卵
2010年8月12日  ♀003(緑)    1卵
2010年8月12日  ♀031 or 035    2卵
2010年8月14日  ♀023       1卵

全部未発生です。

クロハラモエギハコガメ035♀

クロハラモエギハコガメ035です。

035face.jpg
035shell.jpg

 名 前: 035
 性 別: メス
 甲 長: 約17.5センチ(2010/8/20計測)
 体 重: 682.5グラム(2010/8/20計測)
 背甲色: 薄茶系
 来 家: 2009/9/26
 交尾歴: なし
 産卵歴: おそらくなし(2010/8/12の2卵が、035の産卵か、
      031の産卵か、同居中だったため不明確)

クロハラモエギハコガメ031♀

クロハラモエギハコガメ031です。
031face.jpg
031shell.jpg

 名 前: 031
 性 別: メス
 甲 長: 約17.5センチ(2010/8/20計測)
 体 重: 704.5グラム(2010/8/20計測)
 背甲色: 薄茶系
 来 家: 2009/8/30
 交尾歴: なし
 産卵歴: 2010/8/12 2卵
     (035の産卵かも?同居中だったため不明確)

クロハラモエギハコガメ008♀

クロハラモエギハコガメ008です。
008face.jpg
008shell.jpg

 名 前: 008(茶)
 性 別: メス
 甲 長: 約19センチ(2010/8/21計測)
 体 重: 877.0グラム(2010/8/21計測)
 背甲色: 茶
 来 家: 2007/8/25
 交尾歴: 2008/8/16(♂002)、2008/8/29(♂002)
 産卵歴: なし

ごはん①

ごはんだー!
ピンクマウスの取り合いです。
えさを放り込んでおくだけだと、強いのが全部食べてしまいます。
強いもの同士でも、やっぱり素早さで順番がついてしまいます。
022が異常に素早い。注意してないと手を噛まれてしまいます。

feed1.jpg
feed2.jpg
feed3.jpg
feed4.jpg
feed5.jpg

メスでガシガシ系の個体は同居させて、餌のときはこんな風に観察しながらあげていますが、
ゆったり系の個体は個別飼育で、餌は放り込んでおくだけです。あと、オスも個別飼育です。
オス同士一緒にしとくと大変なことになりますね。。。

クロハラモエギハコガメ022♀

クロハラモエギハコガメ022です。

022face.jpg
022shell.jpg

 名 前: 022(白)
 性 別: メス(?)
 甲 長: 約15センチ(2010/8/20計測)
 体 重: 485.0グラム(2010/8/20計測)
 背甲色: 薄茶系
 来 家: 2009/7/26
 交尾歴: なし(オスと同居させたことなし)
 産卵歴: なし

まだまだ小さめです。小さいのに異常に強くて動き回って他の個体を圧倒してます。

クロハラモエギハコガメ026♀

クロハラモエギハコガメ026です。

026face.jpg
026shell.jpg

 名 前: 026
 性 別: メス
 甲 長: 約17センチ(2010/8/20計測)
 体 重: 686.5グラム(2010/8/20計測)
 背甲色: 薄オレンジ系
 来 家: 2009/8/15
 交尾歴: なし
 産卵歴: なし

クロハラモエギハコガメの交尾行動のパターン

クロハラモエギハコガメの交尾までの行動です。

① 追いかけて甲羅を背後から両前肢で抱え込もうとします。
mating1.jpg
(写真:002♂×026♀)

② メスが箱になったら、ブーブー鼻を鳴らして、甲羅をかいたり回したりして、頭を出さそうとします。
mating2.jpg
(写真:012♂×003♀)

③ ブーブー鼻を鳴らして、背後からメスの顔を覗き込んだりして、交尾の許容を促そうとします。
mating3.jpg
(写真:002♂×003♀)

④ メスが許容するとメスは前後肢を全部出して頭や尾を上げて、体を反らしたような姿勢を取ってとどまります。
mating4.jpg
(写真:002♂×003♀)

⑤ 尾をピンと上げるのがきっと交尾の完全許容のサインです。003も005も同じ姿勢で受け入れます。
mating5.jpg
(写真:002♂×003♀)

⑥ オスはこのメスの尾のサインを後肢で確認します。オスはきっとこれで許容を確認しています。いつもそう。
mating6.jpg
(写真:002♂×003♀)

⑦ オスはメスの尾に後肢をかけるようにしてたぐり寄せて挿入、交尾成功。
mating7.jpg
(写真:002♂×003♀)

⑧ 5分くらいすると、メスが落ち着きなくなり、逃げようとして、少しオスは挿入したまま引きづられたりして、そのうち交尾終了です。

これが一般的なパターンかはわかりませんが、♂002、♂007、♂012はだいたいこんな行動を取ります。ただ、鼻音が大きいのは♂002だけで、ほかは空気が抜けるような音が少し聞こえる程度です。そして挿入まで成功しているのも♂002だけです。

クロハラモエギハコガメ007♂

クロハラモエギハコガメ007です。

007face.jpg
007shell.jpg

 名 前: 007(白)
 性 別: オス
 甲 長: 約19.5センチ(2010/8/19測定)
 体 重: 945.5グラム(2010/8/19測定)
 色  : 黄色系
 来 家: 2007/5/28
 繁殖歴: 交尾経験あり(2010/10/30初)

クロハラモエギハコガメ023♀

クロハラモエギハコガメ023です。

023face.jpg
023shell.jpg

 名 前: 023(緑Ⅱ)
 性 別: メス
 甲 長: 約19センチ(2010/8/19測定)
 体 重: 873.0グラム(2010/8/19測定)
 背甲色: 黄緑
 来 家: 2009/8/1
 交尾歴: なし
 産卵歴: 2010/8/12 1卵(未発生)、
      2010/8/14 1卵(未発生)

クロハラモエギハコガメ030♀

クロハラモエギハコガメ030です。

30face.jpg
30shell.jpg

 名 前: 030
 性 別: オス ―→(修正)たぶんメス
 甲 長: 約17.5センチ(2010/8/19測定)
 体 重: 666.5グラム(2010/8/19測定)
 色  : 茶
 来 家: 2009/8/15
 繁殖歴: 交尾経験なし(追尾まで)

 オスとしては、まだまだ繁殖サイズではないようです。
 気持ちはあるようだけど、勢いがまるで足りません。

追記: 3年前の購入時,ショップはこの個体の色の赤さから,オスだと言っていたが,これはたぶんメスだ。逆に,モエギはメスだと思っていても,オスだったということがよくある。フルサイズ近くになっても,尾での判断が難しい個体が多い。尾でオスと判断したものは絶対オスだが,メスと判断できるような尾でもオスの場合がある。

ご挨拶

はじめてのブログ。

クロハラモエギハコガメの個体情報を、飼育開始時点の記録ノートに遡って整理中です。
しばらくは、今飼育中の個体情報を順番に書いていくつもりです。
なかなか受精卵が取れないので、記録を整理しながら、原因を考え中です。
産卵時期はセマルハコガメと同じか、少し遅めな感じでしょうか。
ほかの産卵個体の交尾日や産卵日もまずは整理していきます。

オス002が怪しいのか?
でも、今のところ他ののオスは追尾・マウントまでするが、どのメスも交尾は許容しない。なぜ? 求愛行動の上手い下手があるのか? 相性が厳しいカメなのか?

モエギハコガメ(カンボジアモエギハコガメ)の繁殖に唯一日本で成功されている札幌市円山動物園さんの記事もそのうち紹介していこうと思います。それにしてもすごいかたです。そして、海外の繁殖報告もありましたので、それもそのうちに。

ということで、
皆さんのご意見や、飼育技術・繁殖技術を参考にさせていただきながら、なんとかクロハラモエギハコガメの繁殖を成功させたいと思い、始めたブログです。セマルハコガメが一時は市場から姿を消して異常に高騰しましたが、多くのブリーダーさんの努力で復活、そして野生個体の絶滅にも歯止めをかけたのではないかと思います。モエギハコガメもこのままでは居なくなってしまいます。

モエギハコガメを飼育されているかたはぜひ繁殖を!
要はその本当の「萌黄園」を作りたい。

モエギの子ガメを見たい → 子ガメを見るには自分で殖やすしか手がない → そして今に至り → ブログを始めたというわけでした。どうかこれからよろしくお願いします。

クロハラモエギハコガメ003♀

クロハラモエギハコガメ003です。

003face.jpg
003shell.jpg

 名 前: 003(緑)
 性 別: メス
 甲 長: 約19センチ(2010/8/19計測)
 体 重: 763.0グラム(2010/8/19計測)
 背甲色: 黄緑
 来 家: 2005/10/17
 交尾歴: 2005/11/6(♂002初)、2005/11/7(♂002)、
      2006/4/30(♂002)、2006/5/4(♂002)、
      2006/7/?(♂002)、2006/7/?(♂002)、
      2006/8/18(♂002)、2006/9/9(♂002)、
      2006/9/22(♂002)、2006/11/1(♂002)、
      2006/11/14(♂002)、2007/7/24(♂002)、
      2009/5/23(♂002)、2010/7/10(♂002)、
      2010/10/30(♂012初)、2010/11/13(♂002)、
      2012/10/14(♂048)
 産卵歴: 2006/8/5 1卵(水中で破卵)、
      2006/8/22 1卵(未発生)、
      2007/6/26 1卵(未発生)、
      2008/6/15 1卵(未発生)、
      2008/7/25 1卵(未発生)、
      2009/8/13 1卵(未発生)、
      2010/8/12 1卵(未発生)、
      2011/7/16 1卵(未発生)

クロハラモエギハコガメ005♀

クロハラモエギハコガメ005です。

005face.jpg
005shell.jpg
 
 名 前: 005(黒)
 性 別: メス
 甲 長: 約18センチ(2010/8/19測定)
 体 重: 800.0グラム(2010/8/19測定)
 背甲色: こげ茶
 来 家: 2006/8/19
 交尾歴: 2006/11/10(♂002)、2008/6/5(♂002)、
      2008/6/14(♂002)、2008/8/20(♂002)、
      2009/5/24(♂002)、2009/6/12(♂002)、
      2010/5/28(♂002)、2010/8/15(♂002)、
      2010/8/18(♂002)、2010/11/13(♂048)、
      2012/10/14(♂007)
 産卵歴: 2007/7/22 1卵(未発生)、
      2010/7/10 1卵(未発生)、
      2011/7/4  1卵(発生、途中で停止)
      2012/6/29 1卵(未発生)

クロハラモエギハコガメ002♂

クロハラモエギハコガメ002です。

002face.jpg
002shell.jpg

 名 前: 002(赤)
 性 別: オス
 甲 長: 約20センチ(2010/8/19測定)
 体 重: 1063.0グラム(2010/8/19測定)
 色  : 真っ赤、オレンジ?
 来 家: 2005/10/3
 繁殖歴: 交尾経験あり

はじめまして。

これからブログを初めてはじめます。よろしくお願いします。
萌黄園は、我が家のカメの飼育記録です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。